スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
    • | -
    • | |
    • -
    • | -

    ポロシャツを買いましたよ。

    『ランズエンド』 (←公式HP) にて、今夏のポロシャツ を購入

    6月20日まで、送料無料、刺繍無料
    …だそうです。

    おまけに、ポロシャツ2枚以上購入で、1枚につき¥500引き、ってキャンペーン中(思うツボ)。

    昨年だったかは、ウダウダと迷っている内に
    欲しいと思っていた色が品切れに・・・

    右側の赤のポロは、写真よりもっと濃い色。
    …でも、本当は、もっと茶系の深紅が欲しかったんだけどな。




    刺繍 は、「キティキャット」 にしてもらい、モノグラミング まで入れてもらっちゃった

    右の写真では、わかりにくいか、と思いますが、猫ちゃんの色目は、濃い色に写っている上記の写真の方が、近い…です。

    モノグラミングは、この写真だと
    薄いピンクみたいですが、「トープ」と云う色、
    やや濃いベージュ系か?

    …ちなみに、"Mauve"と云うのは、
    昔飼っていた愛犬の名前であります。



    "LANDS' END"は、
    ご存じの方も多いでしょうが、
    アメリカンカジュアルの通販のお店で、
    私は、随分前から、時々利用しています。

    最初に利用したのは、
    確か、コットンのセーターだったと思う。

    それから、いろいろと・・・

    今までで、一番気に入っているのは、
    麻の小花柄のブラウス。

    今でも、色違いを買っておかなかったのが、
    口惜しい・・・


    お手頃価格で、品質もなかなか・・・
    それに、サービスがいいんですよね。

    『楽替』 と云うシステムがあって、
    30日間なら、返送料などかからずに、
    サイズや色違いの変更だけでなく、
    他の商品とでも替えてもらえる・・・

    それに、なんと云っても
    注文してから、届くのが早い。

    今回も、刺繍があったのに、
    頼んだ二日後に届きました。


    あっ、刺繍は、いろんな種類 がありますし、
    モノグラミングも、文字の種類 あり。
    入れる場所も、選べます。



    …ちなみに、
    私は、結構『いかり肩』。
    なので、男物を購入することも多く、
    上記のポロ・シャツも「メンズサイズ」で
    ございます。


    …なんだか、

    宣伝みたいになっちゃったけど・・・
    私は、「ランズエンド」とは、
    縁もゆかりもございませんので
    悪しからず。




    JUGEMテーマ:ポロシャツ


    0
      Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

      「あの日、君とBoys」 アンソロジー

       *** 内容(「BOOK」データベースより ***

      あの日、君との出会いで、僕の人生は少しだけ変わった。

      不思議な聡明さで、教室に流れるいじめの空気を変えた君。

      風変わりな振る舞いで、僕のコンプレックスをほんの少し溶かしてくれた君。

      誰よりもがむしゃらに、夢を追いかけていた君―。

      人気作家8人がこの一冊のために描いた、不器用で、ナイーブで、ひたむきな「少年たち」の物語。

      胸をわしづかみにする青春が、ぎゅっと詰まっています。

      「あの日、君と Boys (あの日、君と)」を、
      読みました。

      ■ 逆ソクラテス(伊坂幸太郎)
      ■ 骨(井上荒野)
      ■ 夏のアルバム(奥田英朗)
      ■ 四本のラケット(佐川光晴)
      ■ さよなら、ミネオ(中村航)
      ■ ちょうどいい木切れ(西加奈子)
      ■ すーぱー・すたじあむ(柳広司)
      ■ マニアの受難(山本幸久)

      以上の八編。


      伊坂さん目当てで、選んだアンソロジー。

      「逆ソクラテス」、よかったよぉ〜、
      最高に好きだ


      「僕はそうは思わない」
      と云う、小さくて大きな『爆弾』を炸裂させる、
      転校生『安斎』くんは、少年テロリストだ。

      教師の『決めつけ(生徒に対する評価)』が、
      クラスの『ヒエラルキー』に、微妙に影響を与える。

      そんな世界を、木端微塵にしようと、
      彼は、さまざまな爆弾をしかける。

      それに加担する僕たち。


      大人になった「幻」の安斎くんは、
      「ちっちぇ人間」土田の云うような『チンビラ
      なんかじゃ、絶対ないね。

      きっと、ハードボイルド系伊坂作品に出てくる
      『蜜柑』や『檸檬』たちみたいに、
      ちょっと可笑しく、かっこいい〜
      one of 「よからぬ職業」の人たち・・・
      …に決まってるのさぁ。

      チンピラ』 呼ばわりしやがって。

      土田の、っあ〜かっ!


      他作家さんの作品は、「いまひとつ」。

      西加奈子さんは、今まで気になっていて未読
      だった作家さんで、ちょっと楽しみにしていたんだけど
      収録されている「ちょうどいい木切れ」
      は、「禅問答」みたいな感じ・・・
      で、ピンとこなかったな。



      アンソロジーを読むと、
      知らなかった作家さんの『良品』発見
      の楽しみがあるんだけれど・・・

      今回は、伊坂さんが『ダントツ』(作品の質、好みの両面で)
      ってことを、再確認しただけに終わって
      …残念。

      ま・・・

      書き下ろしは伊坂さんだけで
      あとは、既発表作品の無理やりの寄せ集め…って感じなので
      フェアじゃない、気もするけどさぁ。

      出版社、ちょっとは、考えろやあ、
      と思うでござるよぉ。




      JUGEMテーマ:最近読んだ本

      0
        Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

        「冷血 下」 高村薫

         *** 内容紹介(Amazonより) ***

        「子どもを二人も殺した私ですが、生きよ、生きよという声が聞こえるのです」

        二転三転する供述に翻弄される捜査陣。

        容疑者は犯行を認め、事件は容易に「解決」へ向かうと思われたが・・・・・・。

        合田刑事の葛藤を描く圧巻の最終章『個々の生、または死』収録。

        本としてのパフォーマンス
        ★★★☆☆
        個人的な好み
        ★★★☆☆

        上巻 (← 前記事)に引き続き、
        「冷血(下)」(高村薫著) を、
        読みました。


        …あぁ、しんどかったぁ

        読了後、こんなに『達成感』を感じる小説も
        めずらしい・・・
        二段組みとはいえ、たった300ページ弱(下巻のみ)なのにさぁ。

        自分基準を一般化するな!と云われるかもしれないけど、
        普通の「高村薫ファン」は、単行本「マークスの山」 風の
        作品を期待している、と思うんだよね。

        …高村さん、私たちを遥か後方に
        『置き去り』って感じだな。


        但し、
        下巻途中から、やはり引きこまれつつ、
        最後は、悲しく…なんか、『つっかえ』のようなものが
        胃のあたりに・・・
        「胃もたれちゃうのん…?」いえ、違います。


        長くなるので・・・
        0
          Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

          お醤油って・・・

          冷ややっこ 

          なにを今さら…「冷ややっこ」
          なんですが。

          お豆腐って、
          夏以外だと、「湯豆腐」だったり・・・
          お肉と一緒に煮込んだり、
          「揚げだし豆腐」にしてしまうことが多く

          久々に「冷ややっこ」を食べたところ・・・

          なんか、美味しい

          えっ?何故に?

          お醤油

          …そう。

          最近、テレビのCMにてよく見かける
          「いつでも新鮮」に味わえるって云う

          これのおかげ…か

          お豆腐は、ごく普通にスーパーで買った
          いつものものなのに・・・

          「こ、こんなにも味が…?」って云うくらい
          「美味しゅうございました」でござる。



          お味にこだわりのある方なら、
          高価なお取り寄せ…のお醤油を常備しているかも
          しれませんが、

          そこまでしなくっても・・・

          わたしなんかは、これにて感動

          …でござるよぉ。



          次回は、
          別メーカーのものも、試してみ〜よおっと。




          JUGEMテーマ:おいしい♪

          0
            Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

            「マークスの山」テレビドラマ

            マークスの山
            以前にも書きましたが・・・

            WOWWOWに加入するほど、
            TVで映画を見たい、とは思っていないので、 
            この作品「マークスの山」 (← 公式HP)は、
            録画した人から、借りて見ました。
             *** ストーリー(WOWWOW公式HPより抜粋) ***

            閑静な住宅街で起こった元暴力団員・畠山(池田成志)の殺人事件。

            事件の担当となった捜査一課七係の合田雄一郎警部補(上川隆也)は、生前の畠山の足取りを追うが糸口を掴めずにいた。

            時を置かずして、法務省官僚である松井(矢島健一)が殺されるという事件が起こるが、その傷口は畠山の事件のものと酷似しており、事件は連続殺人へと発展したかに見えた。

            だが警察上層部からは「合同捜査はなし」という不可解な命令が下る。

            一方、医療刑務所を出所した謎の青年・水沢(高良健吾)は、恋人であり看護師の真知子(戸田菜穂)の元に身を寄せていた。

            そして、行き詰る捜査の中で浮上した参考人の中には、畠山の前科事件の公判を担当した弁護士の林原(小日向文世)もいた…。

            巧妙に張り巡らされた“組織の圧力”。

            意地とプライドにかけて“見えない敵”を追い続ける刑事たち。

            果たして「マークス」とは、いったい何なのか?

            このドラマは、文庫本主体に作られている様で、
            単行本の「マークスの山 」 のファンの私からすると、
            知らない場面、エピソードが多かった様に思います。
            小説自体を読んだのが、遥か昔のことなので、
            例によって、忘れてしまったせいかも・・・
            しれませんが。

            単行本では、
            団塊の世代の人たちの、学生運動がらみの殺人、が大元にあったし、
            「マークス」こと水沢裕之の背景も、違っていました。


            合田雄一郎役は、
            上川隆也さんも悪くはないんだろうけど、
            う〜ん、難しいなぁ。

            私が、単行本から受けるイメージは、
            もっと、清潔、清廉、そして硬質な感じ。

            なかなか、思い浮かぶ俳優さんがいない。

            合田の元妻の双子(だったと思う)の兄で、
            検事である加納祐介(ドラマでは石黒賢さん)も
            シリーズを読んでいると、

            なんとなく・・・

            合田との、同性愛的な雰囲気も醸されているので(私の勝手な印象)、
            もっと、美形で端正、優雅な感じなんだけれど。

            こちらも、ぴったりと
            「おぉ!この人」って云う
            俳優さんは、いないかな。

            あっ、でも井浦新さんは、いけるかも・・・
            (すみません、また…で)

            唯一、
            高良健吾さんの「マークス」、
            なかなか良いキャスティング、と思った。
            哀切感、寂寥感、純粋さの漂う「マークス」に
            ピッタリ…かな。

            …と云うか、
            彼がこの役を演じたからこそ
            このドラマが、『なかなか…の出来』になったのでは、
            と思う。


            でも、映像化は、やはり難しい・・・

            クライマックスは、
            「雪の北岳」にして欲しかったよね。



            映画版の「マークスの山」は
            かなり、単行本原作に忠実に作られていた記憶がありますが、
            好みは分かれるところか。


            マークスの山 (ハヤカワ・ミステリワールド)
            マークスの山 (ハヤカワ・ミステリワールド)

            近いうちに、
            もう一度、読み返してみよう、
            と思う。



            JUGEMテーマ:テレビ番組


            0
              Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

              「アフタースクール」

              アフタースクール「アフタースクール」 (← 公式HP)を、テレビにて観賞。

              とても評判がよい映画だったので、どんな作品かしらん?
              と思って、先日放映されたものを一応録画。

              …で、つい最近、見ました


              見始めは、
              「エッ?なんか…つまんなくない?もしかして・・・」
              って云う感じだったんだけれど、

              よかったぁ、途中で諦めなくて。
               *** 解説(映画.comより) ***

              母校の中学校に勤める教師・神野の元に、かつての同級生だと名乗る見覚えのない男が現れる。

              現在は探偵だという彼は、同じく神野の同級生で親友の木村を探しているという。

              神野は成り行きから木村の捜索に協力することになってしまい……。

              劇場長編デビュー作「運命じゃない人」がカンヌ国際映画祭にて4冠に輝くという快挙を達成した内田けんじ監督が、練り込まれた脚本と卓越した構成力で描いたサスペンス・コメディ。

              この作品に関しては、
              内容について、ネタバレしてしまうと
              全く意味がないので止めますが・・・


              ちょっと『伊坂さん』の小説風と云うか、

              こう云う感じは、大好き。


              …なんか、ベタですが、
              『友情』っていいなぁ・・・

              …って、思ったよぉ。



              「鍵泥棒のメソッド」 (← 公式HP)も
              大変評判がいいので、見てみたいな。




              アフタースクール [DVD]
              アフタースクール [DVD]


              運命じゃない人 [DVD]
              運命じゃない人 [DVD]




              JUGEMテーマ :最近みた映画


              0
                Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

                「舟を編む」を観てきた。

                舟を編む「舟を編む」 (← 公式HP) を、観てきた。

                小説 (← 前記事)も、もちろん読んでいて、大好きな作品

                映画化も、楽しみ…であり、不安もあり・・・

                でも、『映画』として、素敵な作品になっていました。
                 *** 解説(映画.comより) ***

                出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、2012年本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説を映画化。

                玄武書房の営業部に勤める馬締光也は、独特の視点で言葉を捉える能力を買われ、新しい辞書「大渡海(だいとかい)」を編纂する辞書編集部に迎えられる。

                個性的な編集部の面々に囲まれ、辞書づくりに没頭する馬締は、ある日、林香具矢という女性に出会い、心ひかれる。

                言葉を扱う仕事をしながらも、香具矢に気持ちを伝える言葉が見つからない馬締だったが……。

                馬締役で松田龍平、香具矢役で宮崎あおいが出演。

                監督は「川の底からこんにちは」「ハラがコレなんで」の俊英・石井裕也。

                私が小説を読んだ頃には、
                既に、映画のキャスティングは発表されていたので、
                知ってはいたのですが。

                私が、
                できるだけ、先入観を排除して頭に描いたのは・・・


                「馬締」役には、最初、適役が浮かばず・・・
                外見は、「ウドの大木」系の人物

                あとで考えると、
                例によって、井浦新さん、西島秀俊さん(またかよぉ…)・・・
                加瀬亮さんでもいいかなぁ…なんて。

                …あっ、「ウドの大木」系ってことでは
                ありません…念の為


                香具矢は、中谷美紀さん。

                西岡は、成宮寛貴さんか、桐谷健太さんあたり。

                …を想像していました。


                年齢的なバランス考えず…ってことで。



                今回の『松田「馬締」』は、最高でしたね。
                想像以上でした。
                松田龍平さんは、「まほろ駅前番外地」(← 前記事)でも、
                素晴らしく魅力的な『行天春彦』を、構築されていましたけど、
                今回の『馬締光也』もホントに素敵


                宮あおいさんは、好きな女優さん。

                …でも、キャスティングを聞いた際には、
                「ちょっと違うよねぇ」。
                でも、それなりにこなしちゃうんだろうな・・・
                って思っていて、

                …まさに、そう云う感じ…でした。


                私は、オダギリジョーは、苦手。
                なので、感想はパス。



                つい最近見たドラマの、「猫弁」(← 前記事)が
                この映画と、どうもカブル感じ…があり、
                香具矢役は、杏さんも、ピッタリかなぁ・・・
                なんて。



                思い入れのある小説だったので、
                あまり、期待しすぎないように気を付けてはいたのですが、
                裏切られることは、ありませんでした。

                日々、コツコツと真面目にお仕事を積み上げてゆく
                …そんなカッコ良さ、そしてプライド
                を、あらためて、感じました。


                「コミュニケーション能力、コミュニケーション能力」
                と、『世渡り上手』が重宝される世の中ですが、
                こう云った作品が指示される、ってことは
                みんな、息苦しさを感じてるんだろうな。





                実は、わたくし、
                「岸辺みどり」役の黒木華さんに
                注目…しております。


                井浦新さんは、4月から
                NHK、Eテレ「日曜美術館」 (← NHK公式HP)で
                (日曜朝9:00〜10:00am、再放送8:00〜9:00pm)
                司会を担当されています。


                 
                JUGEMテーマ:最近みた映画

                 
                0
                  Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

                  「猫弁と透明人間」

                  猫弁TBSにて4月22日9:00〜放映された
                  「猫弁と透明人間」(← 公式HP)を見ました。

                  いやぁ〜、よかった。

                  「猫弁 死体の身代金」も面白かったので、第二作であるこの作品も、期待していました。
                   *** あらすじ(TBS公式HPより) ***

                  主人公・百瀬太郎(吉岡秀隆)は頭脳明晰ながら、なぜか“ペット絡み”の案件を依頼されることが多く、『猫弁』というあだ名で呼ばれている天才弁護士。

                  心優しき百瀬は、哀れな事情を抱えた猫を見つけると放っておけず、彼の弁護士事務所では11匹の猫たちが暮らしている。

                  第一作の「猫弁~死体の身代金~」は、
                  TBS・講談社ドラマ原作大賞、第3回の大賞受賞作だそうで、
                  原作者大山淳子さんが、脚本も手がけているそう・・・


                  なんと云っても、
                  キャスティングが絶妙

                  テレビドラマでは、ほとんどお目にかからない吉岡さん始め、
                  杏さん他…み〜んな、ぴったりで素敵。

                  今まで見たことのない風味
                  のドラマでした


                  あちらこちらに伏線が張られていて、
                  「あぁ、あのエピソードは、あなたと関係があったのねぇ
                  的な楽しさがあり。


                  できれば、週一の連続ドラマにして欲しい
                  くらいですけど、
                  そうなると、これだけのハイスタンダードを保つのは
                  難しいだろうなぁ。

                  …だから、
                  3〜6ヶ月に一回くらいのペースで、
                  是非、続編を・・・


                  他人を助けるには、
                  優しさだけではダメで、
                  能力、実力の裏打ちがなければ・・・
                  ってことなのねぇ。





                  猫弁と透明人間
                  猫弁と透明人間




                  JUGEMテーマ:テレビ番組


                  0
                    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

                    「冷血 上」 高村薫

                     *** 内容紹介(Amazonより) ***

                    「冷血上巻」

                    2002年クリスマス前夜。

                    東京郊外で発生した「医師一家殺人事件」。

                    衝動のままATMを破壊し、通りすがりのコンビニを襲い、目についた住宅に侵入、一家殺害という凶行におよんだ犯人たち。

                    彼らはいったいどういう人間か?何のために一家を殺害したのか?

                    ひとつの事件をめぐり、幾層にも重なっていく事実。

                    都市の外れに広がる<荒野>を前に、合田刑事は立ちすくむ― 人間存在の根源を問う、高村文学の金字塔!

                    本としてのパフォーマンス
                    ★★★☆☆
                    個人的な好み
                    ★★★☆☆

                    「冷血(上)」(高村薫著)
                    を、読みました。

                    …いやぁ・・・

                    読みにくかった…です

                    …拷問のようでござったわ。

                    「小説」と云うよりも「記録」って感じ。


                    高村さんは、
                    読者にサービスする気など
                    全く…ないんだろうなぁ。
                     

                    長くなるので・・・
                    0
                      Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

                      片頭痛・・・

                      目の前を、
                      チカチカ、ギラギラとした光線がよぎる
                      「閃輝暗点(せんきあんてん)」
                      (← Wiki)
                      と云う前駆症状があり、

                      その後、

                      激しい頭痛、そして吐き気へと


                      『片頭痛持ち』の方なら、
                      お馴染みかもしれない症状。

                      私も、
                      思春期のころより・・・
                      気圧の変化や、季節の変わり目には
                      悩まされています


                      それでも、
                      月に、1〜2回程度なので、
                      未だ、ましな方かも…しれません。


                      大学病院でも検査してもらい、
                      特に重篤な病気から派生しているわけではなく、
                      まあ、「頭痛」と云うことで・・・


                      最近は、『頭痛外来』なども開設されて
                      『片頭痛』も、それなりに「市民権」を
                      得てきた感もありますが。

                      私には、どう云う訳か、
                      病院で処方されたお薬が、全く合わず。

                      …かと云って、
                      市販の「Bファリン」や、「N−シン」やらも
                      全然効き目がなく・・・

                      もう・・・

                      …明りを落としたお部屋で
                      休むしかない…状態だったのですが・・・



                      頭痛薬ある日(大昔…ですが)、わが親父が買ってきてくれたこちらのお薬 ⇒

                      レトロスペクティヴな外装

                      …これが、
                      私には、とってもよく効くんですねぇ

                      …以来、
                      「あっ、やばい!」って、前兆が来た時に
                      即座に飲むと、その後の症状がやってこない。

                      …ありがたい
                      おくすり手帳
                      こちらは ⇒
                      特に、通院しているわけでもないし、
                      頭痛以外では、それほどお薬を飲むこともない
                      私なので、必要ない…っちゃ、ないのですが・・・

                      ある日、処方薬局にてオススメいただいて、
                      あまりの可愛らしさに、もらっちゃいました。

                      こう云うところも、
                      形から…の






                      「ケロリン」と云えば、
                      こちらの方が、有名…?かも。



                      JUGEMテーマ:片頭痛




                       
                      0
                        Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




                        只今、工事中。比べるのは畏れ多いが、
                        進展速度は、『ガウディ』並み。
                        In Progress.


                        こちらも只今、工事中。
                        Now in Progress.

                        calendar

                        S M T W T F S
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        << September 2017 >>

                        寝湖世 NOINU の本棚

                        Cafe Bon Voyage

                        chloe-sanのショップ

                        私が、よく訪問させてもらっているChloe-さんのお店。

                        文房具、雑貨、旅、飛行機好きの方に、オススメ!

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        【お買い得】『正規レプリカ品 5¢ピーナッツ ガラスジャー 7L タイプ』
                        【お買い得】『正規レプリカ品 5¢ピーナッツ ガラスジャー 7L タイプ』 (JUGEMレビュー »)

                        『衝動買い』ってヤツ?かしらん。

                        買っちゃいました。

                        ¥780+送料はお買い得…か?

                        記事はこちら ⇒

                        recommend

                        小川軒レーズンウィッチ【10個入】
                        小川軒レーズンウィッチ【10個入】 (JUGEMレビュー »)

                        レーズン・ウィッチ(レーズン・サンド?)は数あれど…、

                        私は、これが一番好きです。

                        記事は、こちら ⇒

                        recommend

                        テディベア モーリー ライトブラウン 24cm
                        テディベア モーリー ライトブラウン 24cm (JUGEMレビュー »)

                        家に来てくれたのは、この子。私好みの「小柄なクマさん」です。
                        記事はこちら ⇒ Noinu

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        杏仁豆腐杏雲(アンズグモ) 聘珍樓 デザートの素
                        杏仁豆腐杏雲(アンズグモ) 聘珍樓 デザートの素 (JUGEMレビュー »)

                        とっても簡単に作れるのに、美味しいィ〜!!お近くのスーパー・マーケットにあるはずなので、お試しあれ!強力にオススメ!但し、杏仁独特の香りがあるので、その手のものが苦手の方にはお奨めしません。
                        記事はこちら ⇒ 本日のおやつでござる

                        recommend

                        トラベラーズノート レギュラーサイズ スターターキット【黒】 13714006
                        トラベラーズノート レギュラーサイズ スターターキット【黒】 13714006 (JUGEMレビュー »)

                        私自身の所有は「限定品」のキャメル色…です。
                        記事は、こちら ⇒ Noinu

                        最近、この「黒」も購入しました。

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        iwaki ドレッシングボトル・ミニ KT5013-BK
                        iwaki ドレッシングボトル・ミニ KT5013-BK (JUGEMレビュー »)

                        市販のドレッシングはいつも使いきれない。それでジャムの空き瓶でシャカシャカ作っていました。今はこれがお気に入り・・・手のひらサイズのミニ・ボトルです。

                        記事は、こちら ⇒

                        recommend

                        recommend

                        recommend

                        ジェノサイド
                        ジェノサイド (JUGEMレビュー »)
                        高野 和明

                        2011年、一番のオススメ!です。
                        記事はこちら →

                        recommend

                        recommend

                        グリーンハウス USBフラッシュメモリ 4GB (MINI Cooper ポリス) UFDMC-4GPL
                        グリーンハウス USBフラッシュメモリ 4GB (MINI Cooper ポリス) UFDMC-4GPL (JUGEMレビュー »)

                        私の持っているのはこのタイプです。
                        記事はこちら → 

                        recommend

                        recommend

                        レバーパテ

                        「水郷のとりやさん」のレバーパテ。
                        「レバーは苦手」な方でも、たぶん大丈夫。
                        予約しなければ購入できないところが…ちょっと面倒ですけど。
                        記事はこちら ⇒
                                   

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        recent trackback

                        ***

                        links

                        profile

                        使用画像のHP

                        ブギウギ!素材集
                        『chai』
                        秘密の馬小屋
                        カツのGIFアニメ
                        Night on the Planetソライロサカナ*フリー素材*ヒバナ *  * chaton.noir

                        可愛いフリー素材CANDIED
                        クリスマス素材
                        Joys of Christmas
                        フリー素材集 sozai
                        フリー素材POMO

                        I thank all of you for your great works.
                        If you find no mention of the image created by you, please let me know. Thanks.
                        クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

                        著作権は放棄していません。
                        無断使用、転載はお断りします。
                        Free Access Counter Templates地図姫
                        ♪今日は!

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered


                        PR